一般不妊治療、人工授精、ART、妊娠成績など、1年間の不妊治療実績を報告します。

不妊治療の検査機器

当院の治療実績

クリックで各記事にジャンプします
井上善レディースクリニックの2017年1月1日から12月31日までの治療実績をご報告致します。
1妊娠患者数
妊娠患者数表
2人工授精について
人工授精治療周期数は469周期でした。妊娠患者数は47名で妊娠率は10.0%でした。
一般に人工授精の妊娠率は約5~10%と言われていますので良好な結果であると考えています。
3高度生殖医療について
(1)採卵周期189周期 平均年齢 37.9歳
(2)胚移植周期:209周期 平均年齢 37.6歳
(3)妊娠成績
高度生殖医療
※新鮮胚移植については、胚質不良のため凍結をすることが困難な症例や胚盤胞移植ではなく、分割胚の段階で移植を行っている症例が多く成績が良くない状況です。
(4)年齢別妊娠成績
年齢別移植周期数
全胚移植周期を対象とした、年齢別移植周期は次の図に示すとおりで、35歳から43歳までの年齢層で治療周期が多いことがはっきりしています。20代はわずか5症例のみです。
年齢別移植周期数グラフ
年齢別妊娠率・流産率
全胚移植周期を対象とした妊娠率・流産率を示します。妊娠率は20代、30代前半では40%程度と良好です。35歳から39歳ではやや低下が見られ、40代では7.2%と顕著に低下が認められます。やはり加齢による胚質の劣化が大きな要因であると思われます。また40代の方では採卵数の減少もあって良好胚が得られる可能性が低いため、やや不良である胚を移植せざるを得ないことも要因であると思われます。20代の流産率が高いのは症例数が少ないため、1例でも流産があると率が高くなるためであり、症例数が増加すれば顕著に減少するものと思われます。
年齢別妊娠率・流産率グラフ

pagetop